今回は旅行者というよりは、在住者に向けたショップの紹介をしようと思う。
マドリードのマラサニャ地区、ビセンテ・デ・フェレール通りにあるBlack Pepper & Coは、ここ一年ほど個人的に日常的に通い続けているスパイスや茶葉などを扱う小さなショップだ。

スパイスマニアが営む、世界のスパイスが集めた小さなショップ

Black Pepper & Coは、面積としてはごくごく小さな店舗なのだが、扱うスパイスは数百種類。
世界のあらゆる国のスパイスを買い求める、自他共に認めるスパイス・オタクのお店なのだ。

あまりに種類も多いので、毎回オーナーに相談して香りを確かめながら購入するのだが、胡椒だけでも20種類以上も販売しており、同じ胡椒でもここまで香りが異なるものかと、毎回感心させられる。ちなみに、カレーパウダーも各国や地域のスタイル別に何種類もあり、オリジナルでブレンドをしているそうで、香りのバリエーションの多さに驚く。
また、オリジナルブレンドの七味唐辛子や、山椒、しかもよく見かける粉ではなく、ホール(粒)で売っている一般小売のスパイスショップは恐らくスペインでもここ一店舗に違いない。

ちなみに私は、ここのスパイスを使い始めてから、スーパーマーケットなどで市販されている香りの薄いスパイスやカレーパウダーをまったく使わなくなってしまった。それほどにBlack Pepper & Coのスパイスは、味も香りも別格に豊かなのだ。マドリードの話題のレストランの料理人たちも、ここのスパイスを使っているらしいのもうなずける。
しかも価格も30gで2.2-3€程度と、プロフェッショナルでなくても、手が出しやすい価格なのもありがたい。

普段の何気ない料理、例えばサラダや目玉焼き、肉や魚を焼くだけの簡単な家庭料理に、ほんの少しだけのスパイスを加えてみるだけで、味のバリエーションがぐっと広がるので、実は料理が苦手な人ほど、実はスパイスを試してみることを薦めたい。
「魚料理に合うスパイス」のように料理方法に合わせても相談しながらスパイスを選べるので、料理に自信がなくても気軽に質問してみよう。

BlackPepper01




低価格&高品質な茶葉もおすすめ

Black Pepper & Coでは、スパイス以外にも常時60種類ほどの茶葉と10種類ほどのコーヒー豆も取り扱っている。
個人的には、あまりブレンドティーは好まないが、秋冬にはプーアル茶(Té Rojo)は常に切らしたことがない。プーアル茶は身体を温めてくれる効果や消化を助けてくれる効果などもあるが、茶葉によっては独特のホコリ臭さやクセがあって飲みにくい場合があるが、Black Pepper & Coのプーアルは臭みがなくすっきりと飲みやすいので、ここ二年ほどはここのプーアル茶を愛飲している。
ちなみに、紅茶やハーブティもお勧めだ。ブレンドティーの種類も豊富なので、ぜひ香りを確かめつつ、いろいろ試してみて欲しい。

しかも、スパイスと同様、価格も他のティーショップに比べてもかなりエコノミーなのも嬉しい。
Black Pepper & Coのプーアル(3.5€/50g)、アールグレイ(2.7€/50g)などと比べると、市内各所にある某チェーンの茶葉店よりも、100gあたりで1、2€程度安い価格設定になっている。

ということで、スパイスと茶葉に興味がある人は、マラサニャ方面に行った際にはぜひ一度ショップを覗いてみよう。

BlackPepper02

Black Pepper & Co 店舗情報

住所:C/ San Vicente Ferrer 10, Madrid
最寄駅:Metro Tribunal
http://www.blackpepperco.com/
営業時間:
月 :17:00-21:00
火-金:10:30-14:00、17:00-21:00
土 :12:30-21:00