スペインでの生活は、まず朝食の一杯のコーヒーに始まって、バルでの休憩がてらのコーヒー、レストランでの食後のコーヒーといった具合に、欠かせない存在です。

さらにスペインのバルやレストランでコーヒーを注文する場合、どのタイプのコーヒーをどんな風に注文するのか聞かれるほど、スペイン人にとってコーヒーは重要な飲み物の一つで、それぞれに自分なりのこだわりの飲み方を持っています。

せっかくなので、スペインを旅する際には、色々なコーヒーを頼んでみて、自分なりの好みを見つけてみよう。

カフェ・コン・レチェ、ソロ?

スペインでのコーヒーは、そのほとんどが細かく挽いた深煎りのコーヒー豆をつめたフィルターに蒸気を通して淹れるエスプレッソコーヒーだ。

そのエスプレッソコーヒーそのままは、スペインでは「カフェ・ソロ café solo」と呼ばれて、基本的には食後に飲むのが一般的。しかし、このカフェ・ソロをそのまま飲むのは苦味も強いため、このカフェ・ソロに少しだけミルクを足してマイルドにしたものが、「カフェ・コルタード café cortado」だ。カフェ・ソロとカフェ・コルタードは、バルやレストランなどでは小さなデミタスカップで出てくることが多い。

カフェ・コン・レチェは、小さなデミタスカップではなく、コーヒーカップにエスプレッソと牛乳を加えたもので、基本的には朝食や休憩時に好んで飲まれる。勿論、食後に頼んでもかまわないが、牛乳は消化に悪いので食後などの満腹時に飲むには向かないと考えるスペイン人が多いようだ。




牛乳の温度、種類はどうする?

特にカフェ・コン・レチェを注文した場合には、「牛乳はどうする?熱いの?常温で?¿CÓMO DESEA LA LECHE, CALIENTE O TEMPLADA?」と聞かれる場合が多い。
熱い牛乳をお願いした場合には蒸気で熱したものを、常温をお願いした場合には熱した牛乳とつめたい牛乳を混ぜてちょうど良い温度にしたものを入れてくれる。

ちなみにこれまで、スペイン人は猫舌が多いから必ずしも熱いコーヒーを求めないのかと思っていたのだが、スペインでは珍しくバリスタのコーヒーが楽しめるSanta Eulariaでは基本的には冷たい牛乳を使っているそうで、熱を加えると牛乳の風味が悪くなるから、という考えもあるようだ。

また最近の健康志向から、通常の牛乳以外にも、デスナターダ(ノーファットミルク)、セミデスナターダ(ローファットミルク)、シン・ラクトーサ(ラクトース・フリー)、レチェ・デ・ソハ(豆乳)などが選べる場合もある。

砂糖は?

スペインでは、ブラックコーヒーや砂糖なしは一般的ではなく、とにかく砂糖をたっぷり入れるのが一般的。下手したら大きな砂糖の袋が2つついてくる場合もある。
また、砂糖ではなく、サッカリーナという人口調味料も選べる。




アイスコーヒーは?

最近のマドリードでは、ごくごくたまにコールドブリュー(水出しアイスコーヒー)もみかけるようになったが、まだまだどのバルでも飲めるものではない。ではアイスコーヒーを飲まないのかといえば、そんなことはなく、夏のスペインでは冷たいコーヒーを好んで飲む。
コーヒーを注文するときに追加で「コン・イエロ、ポルファボール」と頼むと、氷入りのグラスを持ってきてくれるので、砂糖を好みで入れた後に氷入りのグラスにコーヒーを移し変えて、冷やしたものを飲む。
氷で薄まるので、カフェ・ソロ、もしくはカフェ・コルタードがお勧めだ。
グラスを移し変えるときには、こぼさないように慎重にやるとかえってコーヒーがこぼれてしまうので、ソーサーの上で思い切りよく移し変えるのがポイントだ。

ブランデーやコンデスミルク入りなど多様なコーヒー

その他にもスペインで広く飲まれているコーヒーのバリエーションとして有名なものには、ブランデーやコニャックなどを加えたカラヒージョ、コンデスミルクを入れたカフェ・ボンボンなどがある。
せっかくなので、ぜひ色々と試して、好みのコーヒーを見つけてみよう。

カフェ・ボンボン、カラヒージョ