スペインのイースター(復活祭)であるセマナサンタといえば、欠かせないのが伝統菓子トリハス。
今回はこのトリハスの起源やレシピ、マドリードでのお勧めスポットを紹介しよう。

トリハスの起源とレシピ

トリハス(Torrijas)の起源はとても古く、古代ローマ・帝政ローマ期の料理について書かれた料理本「アピシウス」にもその原型が登場する。
スペインでは、15世紀頃の文献に、産後の回復の食べ物として「トリハスを作るためはちみつとたくさんの卵」として紹介されている。また、20世紀初頭のマドリードのタベルナでは、ワインと一緒にトリハスを出すのが一般的だったそうだ。

トリハスはフレンチトーストにも似ているが、フレンチトーストと異なるのは牛乳と卵、砂糖を混ぜないことだ。
カフェテリアなどでも味わうことができるが、非常にシンプルなレシピなので、家庭でも簡単に作ることができる。基本的には日本でも手に入る材料ばかりなので、ぜひ家でも作ってみよう。

材料:

  • パン ※スペインではトリハス用のパンも売っているが、硬くなったフランスパンでもOK。このレシピでは、55cmのものを一本分
  • 牛乳 1.5カップ
  • シナモンスティック 1本
  • レモンの皮すりおろし 適量
  • バニラビーンズ(種ではなく皮のみ) 1本
  • ポートワイン 100ml
  • 玉子 Mサイズ 5個
  • オリーブオイル 500ml
  • 白糖 300g
  • シナモンパウダー 小さじ1

作り方:

  1. 牛乳を鍋に入れ、中火であたためる。沸騰したら、火からおろし、バニラビーンズの皮とレモンの皮、シナモンスティックを入れ5分ほど置き、牛乳に香り付けする。
  2. 温めまで温度の下がった牛乳にポートワインを入れ、よく混ぜる。
  3. 約2cmほどの厚さにカットしたパンを鍋の液に浸して、液がパンに完全にしみるまでしばらく置く。
  4. パン溶き卵にくぐらせた後、オリーブオイルで両面を揚げ、キツネ色になったらキッチンペーパーを引いた皿にあげて油を切る。
  5. 砂糖とシナモンパウダーをよく混ぜたシナモンシュガーをまぶす。

作ったトリハスは温かいままでも、冷やしても美味しい。
ちなみにカフェテリアやパン屋などで売られているトリハスは、揚げた後にシロップに浸されて売られている。




マドリードでトリハスを食べるなら?

この時期になると、スペインの多くのバルやカフェテリアでは「トリハスあります」の張り紙を見かけるようになるが、マドリードでもし美味しいトリハスを試してみたいならば、お勧めは王宮前のオリエンテ広場にあるカフェ・デ・オリエンテ(Café de Oriente)をお勧めする。
一般的にカフェテリアなどで出されるトリハスは、実はかなり甘いものが多いのだが、カフェ・デ・オリエンテのトリハスは、上品な甘さと主張しすぎないシナモンの香りで、日本人にも美味しく楽しめる。
店内の雰囲気も素敵なので、ぜひセマナサンタ中の散策の合間にトリハスを味わってみよう。

CafeDeOriente01

CafeDeOriente02

Café de Oriente 店舗情報

住所:Plaza de Oriente, 2, Madrid
http://www.cafedeoriente.es/
最寄り駅:メトロ Opera駅
価格:トリハス(5.5€)、コーヒー(2.4€)など (店内での料金)