豪華観光列車「アル・アンダルス」は、1928年-30年製のクラシカルな車両に、サロン、食堂、客室を備え、乗客たちはこの走る高級ホテル・レストランに乗って、スペイン各地を数日かけて旅しながら巡ることができる。
ゆったりと走る列車の車窓からの美しい風景と食事、ワインを楽しみながら次の目的地へ向かい、駅に着いたらスペイン各地の歴史遺産や自然を満喫し、また列車へ。
このうえなく優雅でゴージャスにスペインの旅を楽しむ方法のひとつだ。

幸いにも、2015年に引き続き、2016年シーズンの豪華列車「アル・アンダルス」のプレス発表へ招待していただき、マドリードからエル・エスコリアル区間アル・アンダルスに乗車してきたので、紹介したいと思う。

車両は1928-30年に作られたFeve社製で、当時のクラシカルな雰囲気満点だ。 サロンにはバーカウンターがあり、ドリンクのサービスがいつでも利用できる。客室は非常にコンパクトなつくりだが、シャワーと洗面所付きで、バスローブなども完備されていて快適そうだ。何より旅の最中にホテルの移動も必要ないため、荷造りの必要もなく、ゆったりと時間が使えるのも嬉しい。 Compartimento-Tren-Al-andal alaandalus01
アル・アンダルスの旅の楽しみのひとつとして、「食」も重要な要素だ。 ラモン・セロリオをシェフに迎え、スペインの伝統料理をベースに美しくアレンジされた料理とスペインワインは、鉄道の旅を彩ってくれる。

AlAndalus-03128

アル・アンダルスの旅では、乗車券、宿泊、食事の他にも、列車の停車地での主要観光スポットへのツアーも含まれる。
アンダルシアからエストレマドゥーラ、カスティージャ・イ・レオン、ガリシアなど、とにかく見どころの多いスペインを満喫できること請け合いだ。

01_36-b

主なルート

前年までの好評を受け、2016年はさらにルートを拡大し、アンダルシアからガリシアまで、イベリア半島を縦断するルートが設定されている。
代表的なルートを紹介するが、下記以外にも、例えばアンダルシア周遊のうちの一部のルートのみでも乗車が可能となっている。ただし、設定日が限られているうえに、人気の高さゆえに世界中から乗客が訪れるため、早めの予約が必要だ。

AlAndalus-rutas

セビリア発着 アンダルシア周遊6泊7日

出発日 2016年4月4,11,18,25日
2016年5月2,9,16,23日
2016年9月5,12日
2016年10月3,10,17,24日
ルート 1日目:セビリアーへレス
2日目:ヘレス
3日目:ヘレスーカディスーロンダ
4日目:ロンダーグラナダ
5日目:グラナダ
6日目:グラナダーリナーレス/バエサーコルドバ
7日目:コルドバーセビリア

セビリア発-マドリード着 エストレマドゥーラ周遊5泊6日

出発日 2016年6月17日
ルート 1日目:セビリアーサフラ
2日目:サフラーメリダ
3日目:メリダーカセレス
4日目:カセレスーモンフラゲ
5日目:モンフラゲートリホスートレドーアランフェス
6日目:アランフェスーマドリード

マドリード発 サンティアゴ・デ・コンポステーラ着 サンティアゴ巡礼路6泊7日

出発日 マドリード発:2016年7月9日、2016年8月6日
サンティアゴ発:2016年7月16日、2016年8月13日
ルート 1日目:マドリードーエル・エスコリアル
2日目:エル・エスコリアルーセゴビアーアストルガ
3日目:アストルガーレオンーモンフォルテ・デ・レモス
4日目:モンフォルテ・デ・レモスーオウレンセ
5日目:オウレンセーポンテベドラーア・コルーニャ
6日目:ア・コルーニャーサンティアゴ・デ・コンポステーラ
7日目:サンティアゴ・デ・コンポステーラ
※逆順ルートあり

料金

6泊7日 5泊6日 3泊4日
スイート・スタンダード 3.500€ 2.900€ 1.850€
スイート・スーペリア 4.100€ 3.400€ 2.150€

(一名分料金)

上記以外の詳細なルートや料金などの詳しい情報、および予約については、Renfeの公式サイトへお問い合わせください。