2020年12月末から、スペイン各地で開始したコロナウィルスのワクチン接種。
気になるマドリード州のワクチンに関する情報をまとめてみた。

セマナサンタ、牛追祭り、春祭りなど、2021年のスペインの祭り・イベントは実施?キャンセル?

ワクチン接種計画と優先グループ

マドリード州をはじめ、スペインの接種計画では、大きく3つの時期に分かれている。

第一期 2020年12月末から2021年3月まで

ワクチンの数量が限定的な第一期では、以下の優先グループが接種対象となる。

  1. 老人ホームや障がい者施設の入居者、医療スタッフ等
  2. 臨床医療従事者
  3. その他の医療従事者
  4. 要介護の重度障碍者

第一期で対象となるのは、スペイン全人口のおよそ5%程度にあたる450万人程度。このうち、少なくとも1-3の該当者のうち、75%のワクチン接種を12週間で行うことが目標とされている。

[2021年2月10日更新]
2月9日から配布が始まったAstraZaneca/Oxfordのワクチンは、以下の以下の対象者のうち55歳以下に接種される、と発表された。

  • 安全要員(国家警察、地方警察、治安維持警察)
  • 救急要員(消防士)
  • 教育・学校(小学校・中学校)関係者

出典:El País:Policías, militares y profesores recibirán la vacuna de AstraZeneca

第二期 2021年3月から2021年6月まで

当初の予定を前倒しで、2月中旬より一部の地域では第二期が開始した。

ワクチンの接種対象となるのは、以下のグループ。

  • 80歳以上の高齢者
  • 第一期対象以外の医療関係者、56歳以下の社会衛生従事者
  • 56歳以下のエッセンシャルワーカー
  • 70-79歳
  • 60-69歳
  • 60歳以下のハイリスク者
  • 45歳から55歳の一般住人

第三期 2021年6月から

第三期では、さらに対象が拡大されるが、この時期の優先グループの条件に関してはまだ発表されていない。

スペインで使用されるワクチンの種類

  • Pfizer/BioNTech ARNm:3000万回分
  • Moderna ARNm:1600万回分
  • AstraZen./U. OxfordVector adenovirus :(EU契約済み、数量未定) ⇒ 3100万回分(2021年2月から配布開始)
  • Janssen/J&JVector adenovirus(EU契約済み、数量未定)
  • Sanofi Pasteur/GSKProteína S(EU契約済み、数量未定)
  • NovavaxProteína S(EU交渉中)
  • CureVacARNmS(EU契約済み、数量未定)

マドリード州のワクチン接種進捗データ

2021年3月2日までのワクチン進捗状況は次の通り。(3月3日更新)

スペイン全土に配布されたワクチン:5,583,955回分
スペイン全土で接種されたワクチン:4,059,320回分(72.7%)
1回接種済み人数:2,772,318人(5.86%)
2回接種済み人数:1,287,002人(2.72%)

マドリード配布数: 748,435回分
マドリード接種数: 539,372回分(71.2%)
1回目接種済み人数:363,706人(5.36%)
2回目接種済み人数:176,399人(2.59%)

参考:
スペイン総人口(2020年):47,332,614人
マドリード州人口(2020年):6,779,888人

出典:
スペイン政府:Estrategia devacunación COVID-19
マドリード州政府:Documento informativo de vacunación frente a COVID-19 en la Comunidad de Madrid. PRIMERA FASE DE VACUNACION