フランスのレ・ゼペスにある歴史テーマパーク、ピュイ・デュ・フーが、スペインのトレドにこの夏にオープンするショーのチケットの販売を開始した。

ピュイ・デュ・フーは、1977年にオープン以来、毎年2-3客万人の入場者を誇るヨーロッパのトップ10に入る人気テーマパークのひとつ。歴史をテーマにした迫力の演劇ショーを続けてきたこのテーマパークだ。

本家のフランス版のショーはどんな感じだろうかと、公式youtubeをみてみた。なるほど大迫力で、歴史や時代劇好きにはたまらないショーとなっているようだ。

スペインのトレドにオープンするピュイ・デュ・フー・エスパーニャの第一弾のショーは、「El Sueño de Toledo(トレドの夢)」というナイトショーになると発表されており、8月30日から金曜日・土曜日の21時半から(10月は月5日、11日、12日、19日、21日。21時から)の入場チケットのオンライン予約は受付を開始している。

《タホ川のほとりへ水を汲みにきた少女は、作家を名乗る男に出会う。彼はスペインの長い歴史を遡る旅へと誘う。「ほら聞いてごらん、この甘い声、トレドの夢を」》




公式サイトによれば、西ゴートのレカルド1世王の時代から、レコンキスタのナバス・デ・トロサの戦い、新大陸の発見、鉄道の時代までの1500年のスペインの歴史をテーマに、5ヘクタールの巨大野外ステージに185人の役者と2000着の歴史コスチューム、プロジェクションや噴水などのスペシャルエフェクト駆使して行われる70分のナイトショーである、アナウンスされている。

2019年7月現在、アクターたちはフランスのピュイ・デュ・フーでリハーサル中で、舞台装置なども着々と準備が進んでいるようだ。
公式Facebookには、ドローンを使った演出などの準備の様子がアナウンスされている。




ピュイ・デュ・フー・エスパーニャは、現時点では8月30日から10月末まで一日一回のショーのチケットが販売されているが、2021年まで徐々に拡大を予定しており、毎日4回のショー、3つの時代をテーマにした村、工芸品の体験、300以上の動物を含む30ヘクタールの巨大テーマパークになる計画が発表されている。

Puy du Fou España

ウェブサイト・チケット販売 https://www.puydufouespana.com/
各4000席
入場料 24€

住所