マドリードのランチレポート、第二弾。

今回は、豚骨ラーメン屋のランチを紹介する。
らーめん かぐら(Ramen Kagura)は、2014年の夏にマドリードのセントロ地区にオープンしたマドリード初の本格的な豚骨ラーメン屋で、2015年の夏以、メニューのバリエーションを増やすと共に、ランチタイムの定食セットを開始した。

2014年の夏のオープン以来、スープや麺にもかなり改良が重ねられていて、豚骨スープに関しては日本の豚骨ラーメンと比べてもまったく遜色ないレベルと言ってよい。ようやくマドリードでも豚骨ラーメンが楽しめるようになったのは、豚骨ラーメン大好き九州人の私としてはとてもありがたい。

場所は、サン・ミゲル市場からマジョール通りを渡って、そのまま進んだ左手側に「Ramen Kagura」の黄色い旗と看板が見える。
スペインでも最近、焼きそばやラーメンなどいわゆる日本のB級グルメの知名度と人気が上がってきていることもあってか、去年までは比較的日本人の客が多かったが、開店から一年経った現在ではスペイン人の客も多いようだ。この日は金曜の昼なこともあってほぼ満席で、時々数人が待っている時間帯もあったが、比較的回転も速いので、さほど待たずに入店することができた。

ラーメン・メニュー、豚骨スープはオリジナル、醤油、味噌

ramen_kagura01
ランチのラーメン定食は、餃子、ラーメン、ドリンク、デザートがついて、200g麺が9.80€、400g麺は11€。
ラーメンは、オリジナル豚骨、醤油豚骨、味噌豚骨から選べる。ちなみに写真は醤油豚骨。
麺は中太、自家製生麺だそうだ。

ramen_kagura02
10-3月の季節限定ラーメン定食は、餃子、坦々麺、ドリンク、デザートがついて、200g麺が10.80€、400g麺は21€。
季節限定ラーメン定食は、坦々麺か、モヤシ大盛りのMontaña Fuji(富士山ラーメン、スープは醤油もしくは味噌)がある。

その他のランチセットでは、まぜそばセット、から揚げセット、カレーセットなど。

かぐら二号店オープン&日本への逆輸入?濃厚豚骨らぁめんかぐら東中野店

ラーメン「Ramen Kagura」は、日本でおでん居酒屋などを経営する有限会社KAWATAが、チャンベリ地区のオラビデ広場にある日本料理店「花くら」に続きマドリードでオープンさせたラーメン店だ。
オーナーの河田氏と店長で、シェフ、そしてソシオでもある小野田氏は、マドリードで豚骨ラーメンを根付かせるべくオープン以来、麺やスープに工夫を重ね、現在はいつも行列ができる盛況ぶりだ。その成功を受け、2017年の年明けにはマドリード二号店をオープンさせるべく準備中だそうだ。

2016年5月にはスペインからの逆輸入で、東京に「東中野ONIKU-LAND 濃厚豚骨らぁめん かぐら(東京都中野区東中野3-16-8)」をオープンさせている。
マドリードの「かぐら」の味と食べ比べてみるのも楽しそうだ。

マドリードでラーメン店をお探しの方はこちらの記事もどうぞ。

らーめん かぐら Ramen Kagura 店舗情報

住所:C./ las Fuentes, 1, 28013 Madrid
電話:91 548 36 06
http://www.ramenkagura.com/
営業時間:月-金 13:00-16:00, 20:30-23:30
土.日 13:00-17:00, 20:30-23:30